もらえる慰謝料の相場|相続や離婚の相談は実力派の弁護士がラクラク解決!

もらえる慰謝料の相場

男性と女性

請求できるケースとは?

パートナーのどちらかが浮気や不倫をした場合は離婚する時に慰謝料を請求することが可能です。実際、この不貞行為のお陰で心身ともに傷を負ったのは間違いないので、100万円は請求できます。

DVの被害者になった場合

体に与える暴力もそうですが、言葉の暴力もDVに該当するため本人に与える精神的ダメージはとても大きいものになります。ですからこの場合も慰謝料を請求できる正当な理由になります。相場としては、100万円から500万円です。

悪意のある行動が見受けられた時

例えば、夫や妻が浮気相手と同居をしており結婚生活ができないケースや、夫が妻に生活費を渡さないなどの理由でも慰謝料をしっかり請求することができます。他にも理由なしに夫が働かない場合も該当します。この場合は最高で400万円の慰謝料を請求できるでしょう。

希望額より多くもらう裏技とは?

浮気の場合は証拠を収めておく

コソコソと違う異性と連絡を取っている場合、決定的証拠を掴むのが難しくなります。そのため、慰謝料を多く取るための情報収集がうまくいきません。探偵に依頼すれば、浮気相手とパートナーがホテルに出入りしている場面を撮影してくれますし、肉体関係をほのめかすやり取りをデータとして残しておけば慰謝料のアップに繋がります。

DVで出来た傷は画像に残しておく

顔や体に傷ができた場合の診断書を始め、スマホやカメラに殴られた跡をしっかり撮影しておくことが重要です。また、DVに遭った日を記録に残しておくと尚いいでしょう。

悪意による行動で残しておきたい証拠

生活費のの振り込みが確認されていない時は必ず通帳を印刷しておきましょう。これが物的証拠になります。別居の場合、その経緯といつ頃から始まったかなどの情報があれば慰謝料を沢山取るチャンスです。より明確な証拠を提出するなら、浮気相手とパートナーが暮らす部屋を特定しておくといいです。その時に賃貸契約書があると助かります。

身近な問題を解決したい人へ

割れたハート

準備すること

配偶者との離婚で困っている方はこちらのページをご覧ください。離婚を決めた後に準備することがいくつか紹介されています。

READ MORE
スーツの人

良い弁護士の探し方

弁護士に多く寄せられる相談をランキングにてまとめています。サービスを利用する前に読んでおきましょう。また、相談の時に準備しておくと便利な事も紹介しています。

READ MORE
男性と女性

もらえる慰謝料の相場

離婚でとれる慰謝料の額を知りたい人はいませんか?こちらで詳しく紹介しています。現在、慰謝料の請求を考えている人にタメになる情報が沢山載っています。

READ MORE
握手

トラブルの原因

相続問題を相談したいけどどんな人がいいのかわからない時に参考になります。さらに、相続問題がなぜゴタゴタするのかその理由も書いてあるので今後の対策に使えます。

READ MORE
広告募集中